Flutter環境構築(macOS)

Flutter環境構築(macOS)
Page content

Flutterでスマホアプリ作成に挑戦するメモを書いていきます。

この記事では公式の手順に沿ってmacOSでの環境構築からテスト実行まで進めてみます。

Flutterインストール手順

公式の手順
https://docs.flutter.dev/get-started/install/macos

  1. 下記順序で実施
    1. Get the Flutter SDK
    2. Update your path
    3. iOS setup
    4. Install Xcode
    5. Set up the iOS simulator
    6. Create and run a simple Flutter app
    7. Install Android Studio
  2. Run flutter doctorの手順で必要な対応を実施
    1. Android StudioからCommand-line Toolsをインストール
    2. flutter doctor --android-licenses を実行しライセンスに同意

ここまででflutter doctorの結果が全てOKとなりました。
※一度途中まで構築していた状態からやり直したため、不備があるかもしれません。

エディタ設定

公式の手順
https://docs.flutter.dev/get-started/editor

  1. 下記順序で実施
    1. Install Android Studio
    2. Install the Flutter and Dart plugins

Pluginをインストールすることで、簡単にFlutterアプリの開発ができるようになります。

テスト実行

公式の手順
https://docs.flutter.dev/get-started/test-drive

  1. 下記順序で実施
    1. Create the app
    2. Run the app
      デバイス確認でAVD Managerを開いた際に「Unable to locate adb」というメッセージが表示されましたが、Project structureの中のProject SDKを設定したところ表示されなくなりました。
    3. Try hot reload

ここまでの作業で、ひとまずエミュレーター上でアプリを動かしながらhot reloadで開発する環境を作ることができました。