Windowsの起動ドライブを容量の小さいSSDに換装する手順(Windows10)

Windowsの起動ドライブを容量の小さいSSDに換装する手順(Windows10)
Page content

10年前に購入したPCの起動ドライブを、1TBのHDDから240GBのSSDへ換装してみました。 その時の手順と注意点を書いてみます。

Windowsの標準機能を利用してHDDからSSDへのクローンをしているため、クローン用のソフトなどを使用する場合は注意点の考慮は不要の可能性があります。
そちらの方がコスパが良いかもしれません。

使用したSSDはこちらです。


HDDの使用容量を削減し、換装先SSDの容量に収める

  1. 外付けHDDなどに移動できるものは移動しておく

  2. 不要なアプリを削除する

  3. 移行対象パーティションのボリュームを縮小して換装先SSDの容量より小さくする

    1. 準備
      休止用のファイル(hiberfile.sys)やページファイル(pagefile.sys)などがあると縮小できないことがあるため、ページファイルやシステムの保護、休止状態を一時的に無効化する

    2. コンピュータの管理からディスクの管理を選択 コンピュータの管理 ディスクの管理

    3. 起動ドライブを選択し、ボリュームの縮小を実施 ボリュームの縮小

    4. ボリュームの縮小でエラーが出た場合
      ApplicationログのDefragのログから邪魔しているファイルを特定し、対処してから再実行する(NVIDIAのファイルなどにひっかかった)
      Applicationログ

  4. 不要なパーティションを選択し、ボリュームの削除を実施

  5. 移行対象データを連続する配置にする

    • 下記のような飛び石の状態ではデータ移行時にエラーが起きてしまいました。
      移行対象の青い部分を左側にまとめる必要があるようです。 ボリュームの配置
       
      今回は「EaseUS Partition Master free 」というソフトを利用し、移行対象データをまとめました。

システムイメージの作成

  1. 準備
    現在のブートドライブの使用容量が収まるサイズの回復用ドライブを準備

  2. バックアップと復元に移動
    バックアップと復元

  3. システムイメージの作成を選択し、回復用ドライブを指定して実行

  4. 完了
    完了時にシステム修復ディスクを作成するか聞かれます。
    今回はインストールメディアを使用したので不要でしたが、作成手順を書いておきます。 システム修復ディスクの作成確認

    • システム修復ディスクの作成手順
      1. システム修復ディスクの作成を選択
        ※上記ポップアップではいを選択した場合はこの手順は不要
        システム修復ディスクの作成

      2. 空のディスクを入れたドライブを選択して「ディスクの作成」を選択 システム修復ディスク作成先ドライブの選択

      3. ディスクが完成すると下記のポップアップが出る システム修復ディスク作成完了

Windows10インストールメディア(USBメモリ)の作成

  1. 準備
    8GB以上のUSBメモリを接続する
    (データが消えても問題ないものを用意する)

  2. ツールをダウンロード
    Windows10インストールツール

  3. ツールを実行し、ライセンスに同意する
    ライセンス確認

  4. 実行する操作を選択
    別のPCのインストールメディアを作成するを選択して次へ
    実行する操作の選択

  5. 言語、アーキテクチャ、エディションの選択
    このPCにおすすめのオプションを使うにチェック(デフォルト状態)して次へ
    言語、アーキテクチャ、エディションの選択

  6. 使用するメディアを選択
    USBフラッシュドライブを選択して次へ
    使用するメディアを選択

  7. 対象のドライブを選択して次へ 対象のドライブを選択

  8. ダウンロードとメディアの作成を待つ
    ダウンロード
    メディアの作成

  9. 完了
    メディアの作成完了

PC内部のHDDをSSDに換装

PCのケースやSSDの形状によっては固定用の部品が別途必要になります。
今回は2.5インチのSSDを3.5インチ変換のブラケットを使用して固定しました。

システムイメージの復元でデータをクローン

  1. 準備
    下記をPCに接続しておく

    • SSD
    • システムイメージを作成したドライブ
    • Windows10インストールメディア(USBメモリ)
  2. PCを起動し、F11などでブートメニューを表示
    キーなどは環境によって異なる可能性があります

  3. インストールメディアのUSBメモリを選択してブート

  4. 言語などを設定して次へ
    言語選択

  5. コンピュータを修復するをクリック

  6. トラブルシューティングをクリック

  7. イメージでシステムを回復をクリック

  8. システムイメージバックアップを選択
    直近のバックアップが表示されるので、今回はそれを選択

  9. コンピュータイメージの再適用画面でディスクの除外をクリック
    ディスクの除外を選択

  10. 除外するディスクにチェックを入れてOKをクリック
    除外するディスクを選択

  11. 次へをクリック
    復元方法の選択

  12. 完了をクリック
    復元するシステムイメージの確認

  13. ポップアップでデータが置き換えられることを確認されるのではいをクリック

  14. 適用の完了を待つ
    復元中